美尻


人は「忘れられる」と消えてしまうらしいです。
DQN御用達某海洋冒険漫画にもそのような台詞がありました。

blog01

このブログに登場するのは2ヶ月ぶりなので、私はもうスケスケです。(ドンッ!)

漫画好きな私ですが、先に挙げた某海洋冒険漫画を読むことをもう何年もスタックしています。
息をするように人を「信頼」し、「仲間」が増えていく…
“人見知り”という疾患を抱える私にはむつかしいお話だからです。

信頼を培う上で、身分/環境/立場…などさまざまな障壁はありますが、
そのフェーズにたどり着けない“人見知り”の恐ろしさたるや。

今日は、そんな人見知りの私が仕事をする上で、特に有効だったサバイバル術を3つご紹介いたします。

**********
①盃を交わす
初っ端がこれです。底が知れます。

②爪は綺麗に
最初にぶち当たる「名刺交換」は勿論、人の「手」は意外と目に留まります。
言葉にできない想いは爪に込めましょう。

nail
会話のきっかけ作りというハードルはだいたい越えられます。

③名刺にギミックを
四月一日企画の名刺の裏には、
己の特徴を表す7つのキーワードがちりばめられています。

BLOG02
動かない被写体なのにピンボケしていることから伝わる写真センスのなさはさておき…
短いキーワードに自分を結びつけられれば、それが命綱となります。
お名刺さまさまです。

**********
以上です。
糞の役にも立たないって言わないで泣いちゃう。

仕事をする上で“人見知り”はダメゼッタイです。
自分の人となりを伝えることができれば、何かのきっかけで思い出して頂けるかもしれません。
思い出されれば、生き存えることができます。(冒頭参照)

共に生きましょう。