WEBディレクターとは?

最近「ディレクターズカット」という単語から漂う類い稀なるガッカリ感を噛み締めながらヱヴァンゲリヲンを観ました、四月一日企画ディレクターβの小松です。

この度、「β」の由来を考察してみました。

【WEBディレクター】が何たるかを知らずに今を迎えてしまったことがβが取れない一番の要因なのですが。(突然のカミングアウト)

はいドーン

BLOG0908
目標管理シートです…やっつけ仕事ではありますん。
大人の情事(昼ドラのキャッチみたいですね)と、字が汚いことを隠すために一部モザイクを施しております。

WEBディレクターに求められることは、大きく分けて6項目あるのではないでしょうか。

①プロマネ力
プロジェクト管理能力です。クオリティの担保とスケジュール管理、プロジェクトの良好な雰囲気を保つまで様々な役割を担います。

②企画力
意図が的確に伝わる資料をスピーディーに作成することは勿論、一点に捕われない発想の企画ができてこそ一人前のWEBディレクターです。

③プレゼン力
突飛な発想の企画を、ロジカルなプレゼンで伝える。くぅ。痺れます。

④コミュ力
営業力あってこそ、人脈あってこそ。WEB系のイベントなどで経験を積んでいきます。

⑤見積力
概算力です。的確なコスト設定は必要不可欠。信頼の構築に繋がります。

⑥WEB知識
日々進化する業界ですから、Antenna(♪雨にまで流されて影に紛れてたんだよ〜)を張っていなければなりません。

この6軸で評価した図が先のものです。
10段階評価の5を可もなく不可もなくと設定しています。1が猿以下で10が神以上です。
オレンジのチャートが入社時、緑が現在の自己評価で、評価理由はみみずの這った様な緑色の文字でコメントいたしました。

著しく低かった見積力をはじめ、コミュ力なども少し上がっているあたり…評価の精度が疑われますね。

未だβは外れませんが、この分だと来年にはββ(ダブルベータ)になれるやも。
成長期だと信じて今後も精進いたします。


*お知らせ*
弊社アプリ【スタマガ】では、LINEクリエイターズスタンプのレビュアーを募集しています。

未経験者歓迎です。
ご興味のある方は今すぐこちらへ不幸のメールを送るんだ。