ロマンチックぴーこん

5月5日の昼前、友達や仕事仲間の何人かから、こちらのブログを読めとURLが送られてきた。

私と夫の全然ロマンチックじゃない話 by はなこのブログ

出先だったので、俺は十分ロマンチックじゃ!とタイトルから勝手に想像して反発しつつ「あとで読む」と返したら、いいから今すぐ読めと再プッシュされる始末。
そこまで言うならとランチのタイミングで読んでみると、予想が全くもって的はずれな展開が待っていた。もう笑えるやら泣けるやら。意味不明な反発をした自分を恥じたい。

はなこさんのブログの中身はタイトル通りとてもロマンチックな話なのだが、そのエピソードの中心に「ぴーこん」がいたのだ。

知らない人のために紹介すると、ぴーこんはこの子です。
中に人なんて入ってません。

太陽のマルシェでお手伝いするぴーこん

ぴーこんは、現在は「あなたの街の花粉情報」など、NTTドコモ提供の「あなたの街シリーズアプリ」のキャラクターとして活躍しているが、昨年の秋までは「POPCORN」というサービスのキャラクターを努めていた。このブログの話は2年前に遡るので、POPCORN時代のぴーこんのこと。

詳しくは是非はなこさんのブログを読んで欲しいのでここには書かないでおくが、忙しい人のために紹介すると、このブログに登場する「ぬいぐるみぴーこん」はこの子です。
今度こそ中に人なんて入ってません。

ぬいぐるみぴーこん

この写真ははなこさんにTwitterでリプライして頂いたもの。
はなこさん見てますか?おふたりのぴーこんがデビューですよ〜。

せっかく頂いたので、写真をぴーこんの作家さんに見せてコメントしてもらったので紹介。
手作りした当時にまさかこんな展開が待っているとは思わなかったはず。

==
はなこさん、そしてだんなさん。

はじめまして。

優しさと力強さを兼ね備えた世界にひとつだけのぴーこん。
大切なプレゼントを見せていただき、ありがとうございます。

シンプルに見えて実は作者ですら正確につかめていない
複雑なぴーこんのフォルムをよくとらえていると思います。

力強い両腕にドキドキ。
足のディテールに関しては匠の域に達しております。

夫が妻を想い、
ぴーこんをミシンで縫っている姿を想像するだけで胸がアツくなり、
首にかけられた不器用さを滲ませる吹き出しに目をやったときには、
忘れかけたトキメキを思い出しました。

もし、ぴーこんのぬいぐるみが市販していたら、
このぴーこんはこの世に存在しなかったかもしれない・・・
市販してなくて良かったと思う日がくるとは夢にも思いませんでした。

これからもぴーこんと楽しい仲間たちを生み出していきたいと思います。
ぴーこんをこれからもよろしくお願いします。

アベミキコ
アベ作 紙粘土ぴーこん
==

そして、ぴーこんのプロデューサー(父親)として、僕からもお礼を言わせてください。
ぴーこんを好きになってくれて、そしてこんな素敵なエピソードを公開して頂いて、本当にありがとうございました。励みにします。
いつかどこかでウチのぴーこんとおふたりのぴーこん、会える日がくるといいですね^^