iPhone6sでとりたいダイエットアプリ

食欲の秋!リバウンドの秋!
露出の夏に向けて絞った身体も着こむ量と共に増量。

そんな風にはなりたくない。おいおい大変な思いをしないよう早めのダイエットを心がけたい。
スポーツの秋!でもあるけど、風呂あがりの筋トレもジム通いも長くは続かない。これはサービス企画時にもよく言うことだけど、結局は普段の生活に自然に溶け込むようなものでないと継続しない。

そんな面倒くさがりな自分でも続けられるように企画したのが、スマホアプリの階段山のぼり

アプリアイコンと山のぼり画面

初見の人のために「階段山のぼり」を簡単に説明しておく。
階段山のぼりは、iPhone6から採用されたM8コプロセッサを利用し、歩数と階段を登る階数を使って擬似的に山登りを楽しめるアプリ。駅でついエスカレーターに向いてしまう足を階段に向けるアプリ。もうすぐ発売される iPhone 6s/6s Plus でももちろん使える。

詳しくアプリのことを知りたい人はこちらをどーぞ。
階段ダイエットに最適な「階段山のぼり」の紹介

今年の秋ダイエットはこれで乗り越えたいと思っている。自分を鼓舞するためにも「階段ダイエット」というか「階段健康法」がどのくらい有効かを調べてみた。3つほど記事をピックアップして、目からうろこの情報を抜粋しておく。男性も女性も必見でござる。


不定期のジム通いより毎日の階段のぼりの方がダイエット効果大―米調査結果

4,500人の日常の活動とBMI(ボディマスインデックス)値をモニタリングした調査では、運動した合計時間より毎日短時間でも運動した方が、心臓肺機能を鍛え、体型維持効果も高い。
エレベーターを使わず階段を上る、バス停はひとつ前で降りる、お店よりちょっと離れた駐車場に止め歩くなど、日常で簡単に行なえる毎日数分間のピンポイント的な運動をこなしたほうがダイエット効果は高い。


運動効率は平地の3倍! 階段エクササイズ
 
歩くことは基本的に心肺機能を強化し、同時に階段を上るために脚を引き上げることで、中年過ぎから衰えやすい腰回りや太ももの筋力の強化も期待できます。脚腰の大きな筋肉の衰えをストップすれば基礎代謝が活性化され、脂肪のつきにくい体になります。
【監修】森谷敏夫 先生 京都大学大学院 人間・環境学研究科 応用生理学研究室教授


腹筋運動より階段昇降、下半身の筋肉強化で脂肪を燃焼する

男性の場合、お腹が出てくる原因のほとんどは「腹筋が減少したから」ではなく「内臓脂肪が付いたこと」によるものだという。内臓脂肪を燃焼させるためには「有酸素運動」をする必要がある。お腹を凹ますためには腹筋よりも大きい筋肉、特に「下半身の筋肉」を鍛えることが有効。
ストイックな腹筋運動もいいが、効果的に脂肪を燃焼するためには、階段の昇り降りなど下半身の筋肉強化が効くらしい。

a0006_000821


もうこれだけ読んでも十分。階段山のぼりで遊んでるだけで今年の秋ダイエットは成功間違いなしだと確信できた。

リリースして数週間使っているけど、やっぱ1人でやるより誰かと一緒にやる方が楽しいし続く。
今は iPhone6/6 Plus しか使えないので、あんまり一緒に登れる山ともを増やせなかったけど、iPhone 6s/6s Plus が出れば一緒にやれる人が増える。一緒に山のぼりできる山ともの数も、途中で出会って声をかけ合える人の数も今後は増えてもっと楽しくなるはず。

山やまとお知らせ画面など

ちなみに今、ユーザートークサービス「ミルトーク」でこんなことを聞いてみている。

ダイエットが続かなかった理由を教えて!
あなたのダイエット方法を教えて!

冒頭にも書いた通り、普段の生活に溶け込まないようなことをわざわざやるダイエットは続かないと思っている。さらに自分との戦いだとすぐ甘えが出てしまうのも人の性だと思っている。それぞれの課題を「階段 x ゲーミフィケーション」で解決しようと試みたのが「階段山のぼり」なので、その仮説と解消法がそれぞれ合っているかを改めて確認したいなーと思い。
こちらは回答が集まったらまた紹介するのでお楽しみに。

最後に、山とも100人できるかな?ってことで、自分の山ともIDを晒しておく。

山ともID

これ読んで一緒に階段山のぼりしてみたくなった人は、遠慮無く山とも追加してください。マイページの「山とも」からIDを入れてもらえば追加できるので。あ、知り合いの方であれば、FBメッセージとかLINEとかで追加したよって連絡くださいね。

*関連ブログはこちら →
みんなのダイエット方法とそれが続かない理由を考える
なまけものでも続く健康的なダイエット法